活動内容
認定資格について
公認スクール
世界とのつながり
入会案内
協会の概要
セミナーレポート
関連サイト
ドッグトレーナー養成スクール/アニマルプラザDog Trainers Collegeホームページ
犬のようちえん/アニマルプラザホームページ
ドッグトレーナー養成通信講座
Dog-ism♪
 

福島原発エリアでの保護活動(4/29)の動画です。是非ご覧下さい。

日本ドッグトレーナー協会 保護犬支援プロジェクト

東日本大震災により被害を受けられました皆様に心からお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

この度の事態を受け、日本ドッグトレーナー協会では、
これまで培ってきた「子犬のしつけの普及」と「ドッグトレーナーの育成」の経験を活かし、
被災地域の犬たちを保護し、新しい飼い主を探す支援プロジェクトを実施することにいたしました。

名づけて、「JDTA-100% Dog Adopt Project-」(保護犬の100%譲渡)

都市化、少子高齢化が進む中、全国の犬の飼育率は17.8%に及んでいます。これは約5人に1人が犬を飼っているということです。しかしその一方で、年間38万頭の犬猫が各都道府県に引き取られ、ほとんどはやむなく致死処分されるに至っています。

この度の東日本大震災で飼い主を失った犬(ホームレスドッグ)が増える事は間違いないでしょう。

当協会では、これまでドッグトレーナーの養成に特化し、認定校から約1,000名の卒業生を輩出、しつけ通信講座では約350名の方が受講し、犬のしつけに必要な知識を持つ人材を育成して来た実績があります。彼らの専門知識・経験を活かし、ボランティア(奉仕活動)・チャリティー(慈善事業)文化の根付いている欧米に倣い、保護した犬を新しい飼い主へ100%譲渡するシステムを確立していきます。


プロジェクト概要

■被災犬の保護

被災地で飼い主を失った犬に新しい飼い主が見つかるまで、
東京の施設にて保護し、健康管理・ケアはもちろん、その子に必要なしつけを行います。

■ペット支援物資のお届け

当協会の関連施設「有限会社アニマルプラザ」にご提供いただいたペット用支援物資を被災地へお届けいたします。

現在、被災した市町村の役所/避難所/保健所と連絡を取り、
どの地域にどのようなサポートが出来るかの情報を集めております。
また皆様からも被災地の情報を集めております。被災した犬を保護されている方、
保護されている場所をご存知の方は、日本ドッグトレーナー協会までご連絡下さい。

<日本ドッグトレーナー協会 保護犬プロジェクト>
0120-218-115

<日本ドッグトレーナー協会公式Twitter>
JDTA_DogAdoptをフォローしましょう

<日本ドッグトレーナー協会(メール)>
info@jdta.jp

■全国からの支援の募集

被災した犬たちのために、皆様からの支援を受け付けております。
購入して頂いた代金は保護した犬の生活費(フード・水などの食費/医療費/運搬費/その他必要費)として、当協会で責任を持って犬たちのために使わせて頂きます。

ご支援は銀行振込またはクレジットカード払い(「PAY PAL」)にて受け付けております。
犬の生活費5日分として1,000 円からご支援をお願い致します。

●銀行振込でのご支援
  以下の口座までお振込いただきますようお願いいたします。
 銀行名:みずほ銀行 中目黒支店
 口座番号:2054528
 口座名義:一般社団法人 日本ドッグトレーナー協会
        シャ)ニホンドッグトレーナーキョウカイ

●クレジットカード払い([Pay Pal」)でのご支援
犬の生活費5日分として1,000 円からご購入いただけます。

保護された犬を何日支援しますか?

ご購入していただいた犬の生活費の総額は後日(毎月1 回)公表いたします。

詳細はコチラをご覧ください
支援金総額

■“基本しつけ教材”のチャリティー販売

今回のプロジェクトでは、必要なトレーニングをした上で、
新しい飼い主を探す支援プロジェクトを実施しております。
この度の震災で、日頃の犬のしつけの重要性を実感されている皆さま、
そして、被災した犬たちのために支援をお考えの皆さまに、
日本ドッグトレーナー協会のオリジナル“基本しつけ教材”のチャリティー販売を致します。

詳しくはコチラ
チャリティー販売

■被災地ボランティアの電話相談

日本ドッグトレーナー協会専属ドッグトレーナーが無料で電話相談を受付けております。
対象は、被災地で犬に関わるボランティアの方限定で、犬の扱い、しつけに関するご相談にお答えします。
受付けは、毎週水・金の10:00−13:00の間です。

保護犬プロジェクト 無料電話相談ダイヤル
0120-218-115


<プロジェクトの活動報告や保護犬の情報はコチラから!>

一人でも多く、一頭でも多く、そして一日でも早く、被害にあわれた皆様が平常の生活に
戻れますように、家族の一員であるペットとまた一緒に生活できますように心よりお祈り
申し上げます。

この活動が、少しでも被災地の方々のお役に立てればと思います。
皆様のご協力、何卒よろしくお願い致します。



2011年4月10日 日本ドッグトレーナー協会