• 協会について|日本ドッグトレーナー協会
  • ドッグトレーナーとは|日本ドッグトレーナー協会
  • ドッグトレーナーになるには|日本ドッグトレーナー協会
  • 認定資格について|日本ドッグトレーナー協会
  • 試験について|日本ドッグトレーナー協会
  • セミナー・レポート|日本ドッグトレーナー協会

ホーム > 活動内容 > 会員規約

会員規約

第1章 総則
(名称)
第1条  本協会は、日本ドッグトレーナー協会(以下「本協会」という)と称する。

第2条  本協会の事務局は、東京都渋谷区松濤に置く。
第2章 目的及び活動
(目的)
第3条  本協会はドッグトレーナーの養成を通じて、犬と人のよりよい環境づくりを積極的に行い、
     犬と人が共に暮らすために必要なしつけを広く普及させることを目的とする。

(活動)
第4条  本協会は、前条の目的を達成するために次の活動を行う。
     (1)パピートレーニング及び家庭犬のしつけ指導を行う「ドッグトレーナー」の養成。
     (2)ライセンス認定制度の運営。
     (3)ドッグトレーナーのレベルを世界のペット先進国の基準に引き上げる。
     (4)家庭犬のしつけ講座及びセミナーの開催。
     (5)「しつけ教室」普及活動及び動物病院やしつけ教室への人材紹介。
     (6)協会認定ドッグトレーナーへの求人紹介。
     (7)協会認定校カリキュラム作成。
     (8)ドッグトレーニングに関連する書籍、ジャーナルなどの情報提供。
     (9)ドッグトレーニングに関する優れた研究、活動、事業などへの助成。
     (10)捨て犬防止の為の問題行動矯正サポート。
第3章 会員
(会員)
第5条  本協会は第3条の目的に賛同する。
     (1)正会員 
     (2)一般会員をもって組織する。
第6条  本協会の会員の資格は次のとおりとする。
     (1)正会員:本協会公認スクール修了生、本協会ライセンス保持者。
     (2)一般会員:ドッグトレーナーに深い関心を持ち、本協会の目的に賛同する個人又は法人。
第7条  会員となろうとする者は、所定の申込書を会長に提出しなければならない。
第8条  会員は、別に定めるところにより、入会金及び年会費を納入しなければならない。
第9条  会員資格の有効期間は年会費を納付した翌月1日から1年間とする。
第10条 会員が退会しようとするときは、理由を付して退会届を会長に提出しなければならない。
第11条 会員は次の事由によって、その資格を喪失する。
     (1)退会を申し出たとき。
     (2)正当な理由なく、3ヶ月以上会費を延滞し、督促を受けてもそれに応じず納入しないとき。
付則
本規約は2005年5月14日から施行する。
2007年4月1日一部改訂