• 協会について|日本ドッグトレーナー協会
  • ドッグトレーナーとは|日本ドッグトレーナー協会
  • ドッグトレーナーになるには|日本ドッグトレーナー協会
  • 認定資格について|日本ドッグトレーナー協会
  • 試験について|日本ドッグトレーナー協会
  • トレーナーのご紹介|日本ドッグトレーナー協会
  • セミナー・レポート|日本ドッグトレーナー協会

ホーム > ドッグトレーナーとは

ドッグトレーナーとは

人と一緒に暮らしていくためのマナーを教えていく仕事です

「ドッグトレーナー」が行うのは「しつけ」。
対象となるのは普通のペットとして飼われている『家庭犬』です。
TVや雑誌でよく耳にする「犬の訓練士」とは、”対象”も”犬に教える内容”も全く異なります。

「犬の訓練士」と「ドッグトレーナー」の違い

「犬の訓練士」が行うのは訓練

対象となるのは『盲導犬・聴導犬などの補助犬や警察犬 etc…』総称して「使役犬」と言われ、人命に
関わる仕事も多いため、厳しい訓練が必要となります。その犬に仕事を教えるのが訓練士。
犬との関係は「上司と部下」のようなものです。

「ドッグトレーナー」が行うのは「しつけ」

対象となるのは普通のペットとして飼われている『家庭犬』。お散歩・トイレ・お留守番など、人と
暮らしていくためのマナーをきちんと教えていきます。犬との関係は「親子関係」に近いのが特徴です。
また犬だけでなく、飼い主様をサポートするのもドッグトレーナーの大切な仕事。
飼い主様とのコミュニケーションもとても大切です。

業種 対象 教える内容 犬と人の関係
ドッグトレーナー 家庭犬 人と暮らしていくためのマナー 親子関係
犬の訓練士 使役犬 仕事を教える 上司と部下

ドッグトレーナーになるには

日本ドッグトレーナー協会『公式通信講座』で学ぶ

日本ドッグトレーナー協会『公式通信講座』で、ドッグトレーナーのベース作り。空いた時間を有効活用して自分のペース (週1回30分~)で学びたい方に オススメです。

日本ドッグトレーナー協会唯一の『公認スクール』で学ぶ

日本ドッグトレーナー協会唯一の『公認スクール』にて、6ヶ月でプロの技術を習得。 木曜日・土曜日開講のため、働きながらプロを目指す方にもオススメです。

ドッグトレーナーに向いている人・向いていない人

プロのドッグトレーナーとして働きたいと考えている方へ。

ドッグトレーナーは誰でも簡単にできる仕事ではなく、人によって向き・不向きがあるのをご存知ですか?

ドッグトレーナーは、こんな方が向いています。

PAGE TOP